オーキッド歯科クリニック

Scroll

Perio
歯周病

当院の歯周病治療

歯周病の進行

歯周病の初期段階の「歯肉炎」は、子供を含むほとんどの年代の人に見られます。そのまま放っておくと「歯周炎」に進行してしまいます。「歯周炎」は歯茎の状態が悪化し、歯を支える骨も破壊されるため、歯がぐらぐらと動くようになり、最終的には抜けてしまいます。

歯肉炎から歯周病へ

軽度の歯肉炎 1. 軽度の歯肉炎
プラークがたまって歯ぐきが腫れ、出血しやすくなっています。歯を支える骨にはまだ影響がありません。
中等度歯周炎 2. 中等度歯周炎
歯周ポケットが形成され歯石が深部まで付着し、歯を支える骨を半分くらい失っています。
重度歯周炎 3. 重度歯周炎
歯を支える骨がなくなってきて、放っておくと歯が抜けてしまいます。歯ぐきが下がる、膿がでるなどの症状もみられます。

歯周病の治療

セルフケア

歯間ブラシ

歯間ブラシ

デンタルフロス

デンタルフロス

歯周病対策としては、何よりもまずはご自宅での歯磨きをしっかりとしましょう。また、歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシを使うことによってより効果的なセルフケアができます。歯科医院での歯磨き指導を受けることをオススメします。

歯科医院での治療

当院ではプロフェッショナルなお口のケアを受けることができます。歯周病を予防するためには、歯のプロである歯科医院にサポートを受けるのがやはり一番です。

術 前 術 後
術前 術後
- PMTC - プロによるクリーニング

歯ブラシだけでは取り除くことができなかった汚れや、歯に強力に張りついてしまったプラークバイオフィルム(歯の部分的な着色)などは歯科衛生士が専用の器具で行う歯のクリーニングを受けることで取り除くことができます。

定期的(大体3ヶ月に1度)にPMTCを受けることでお口の中の細菌数を少なく保つことができるといわれています。歯の表面もつるつるして気持ちいいので、まだ受けたことがない方は是非一度おこしください。

術 前 術 後
術前 術後
固定処置

歯周病により歯茎が下がり歯が動くようになってしまうと、食事がしにくく、治療にも影響があるため隣同士の歯をつなげて固定する例もあります。

Web予約 電話する PAGE
TOP