●PRGFを用いた再生治療●

PB021072PB021094PB021112Processed with MOLDIVIMG_0546IMG_3098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は左側上顎臼歯部欠損に対するインプラント治療。抜歯窩の状態は写真の様に骨がなく、高さもない為、サイナスリフトとPRGFによる再生治療を用いた骨造成を行い、同時にインプラント2本埋入しました。

サイナスリフトとは?:上顎の骨の上には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があります。上の奥歯が無い場合、インプラントを埋入するのに十分な量の骨の高さがない場合、上顎洞に移植骨や骨補填材を充填して、上顎洞の底部分を押し上げ(Lift)、新しく骨をつくり、インプラントを埋入する高さを獲得する手術です。

当医院では、CGF(Concentrated Growth Factors)も行っておりますが、再生因子の含有量や白血球の問題を考慮し、最近ではPRGFを用いることが増えました。

PRGFとは、Plasma Rich in Growth Factorsの略で、成長因子を多く含む血漿のことです。

この治療法は口腔領域では、1990年代後半より報告されています。最近では、美容外科や形成外科での使用(アンチエイジング)がマスコミにも取り上げられているので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?また、有名なスポーツ選手もこのPRGFを受けて腱や筋肉の再生治療を行っていますが、このPRGFは歯を支えている骨の再生にも応用できます。

この方法の最大の特徴は、多血漿成長因子を無傷のままに取り出せ、白血球酵素を完全除去できることです。

白血球含有には様々な意見がありますが、その複雑な働きの一つに免疫反応に関与する物質を集めやすくし、ある種の酵素を分泌して周囲細胞を破壊してしまう(特に好中球)作用があります。

 

当院で用いるPRGF-Endoret®は最も先進的な自己由来の多血小板血漿であり、組織の治癒と再生を促進するために患者の自己血から未活性増殖因子を多く含んだ血漿とフィブリンを同時に獲得し、且つ増殖因子の活性化を術者自身がコントロールできる画期的なTechnologyです。

 

●インプラント手術を受けたいけれど、骨が不足している。

●手術や抜歯後の骨の再生や歯肉の治癒を早めたい

 

このような場合にとても有効な治療法です。

 

 

 

南大沢 歯医者 オーキッド歯科クリニック

日時:2016年11月02日23:11

●Zygoma Implant Ope●

ザイゴマ2 本日は午後から本院で理事長執刀のザイゴマインプラントのオペでした。

当医院で行われているザイゴマインプラント症例数は多くありますが、実はこのザイゴマインプラントという言葉が耳慣れない患者様も多いのではないかと思います。

ホームページでもこれまでのザイゴマ症例を何ケースかアップしているのですが、ザイゴマインプラントは相当な治療技術を要し、国内でも施術出来る医院(歯科医師)が限られているような難しい手術です。通常極めて骨の量が少ない部位にインプラントを埋入して行うAll-on-4と呼ばれる技法でも無理なケースにおいて、頬骨に長いインプラントを埋入するのがザイゴマインプラントです。

ザイゴマインプラントはこちらから

これまでそのザイゴマインプラント1本~4本(エクストラマキシーラ)埋入のOPEを見てきましたが、本当に難しい手術を簡単そうにスマートに進めている理事長の技術は私達スタッフも「凄いな~」と感じています!!そして、やはりオペを成功させる秘訣はチームワークだと思います。

ザイゴマ

インプラントのオペはどんなに簡単な手術でも、沢山の機材を準備し、施術内容について担当するアシスタントと施術医との打ち合わせを何週間も前から行って、万全の状態で手術に臨みます。特にザイゴマインプラントのような症例の場合は、手術に至るまでに診査診断をしっかり行い、咬み合わせ治療、歯周疾患のある方は歯周治療など、手術に至るまでの術前治療をきっちり行うことが重要となります。

本日のオペも術前治療をこれまできっちり行ってきた患者様のケースでしたので、手術は問題なく成功しました!! 後は、患者様が無事に静岡にお戻りになられたか・・・理事長も心配しております。 県外からも理事長の技術を求めて来院される患者様が多いですが、遠くからの通院を頑張った分、喜んでいただけるような治療技術をこれからも提供して行きたいですね。「全ては患者様の望む以上を叶える為に・・」これが、オーキッド歯科のモットーです。

南大沢 歯医者 オーキッド歯科クリニック

日時:2015年10月22日23:37

●Guided Surgery●

昨日大道医院で行ったGuided Surgery。初診から数カ月の術前治療を経て、無事に手術を終えました。Wax Up(最終的な咬み合わせを想定し予め作製した模型)をもとに、下顎のオクルーザルプレーンの回復、上顎残存歯の抜歯、左右バーティカルサイナスリフト、Guied Surgery,上顎前歯部オギュメンテーション、即時荷重。これらの治療をワンデー(午後の診療)で行いました。

複雑な治療を行うには、術前治療(診査診断から咬合治療等)が最も大切です。正確なラジオグラフィックガイドの作製をもとに行うノーベルコンセプトを駆使しなければ、このような治療をワンデーで行うことは不可能です。

インプラント治療のトラブルについてのご相談を受ける機会が以前よりも増えてきました。情報や宣伝が散乱する中で、患者様にとっての歯科医院選びは非常に難しい時代となりました。難しいケースでも諦めずにご相談にいらして下さい。患者様自身でご納得いただき、患者様に治療方法を選択していただく・・・・ クリニック選びは慎重にと願う日々です。

!cid_8576024B-6AF7-46F3-83DA-5635BFC5F3BE !cid_65F41E0B-88D5-41DB-A969-7F263D459C15 !cid_A151E3C8-C2AE-43FA-9EBF-18387E058FE3 !cid_EF18FF16-446E-43AE-9215-50BABF80F8D6

南大沢 歯医者 オーキッド歯科クリニック

日時:2015年07月12日09:00

CGF/AFGを併用したベニアグラフトと同時に行うガイデッドサージェリー即時荷重

昨日行った最新の再生治療法を用いたインプラント治療についてのレポートです。

オーキッド歯科クリニック大道医院にて、理事長執刀「CGF/AFGを併用したベニアグラフトと同時に行うガイデッドサージェリー即時荷重」のOPEを行いました。上顎必要部位の抜歯を行い、サージカルステントを用いたガイドオペで、4本のインプラントを埋入します。埋入した4本のインプラントで上顎全ての歯を支える技法ですが、今回は骨造成の為のベニアグラフトと、CGFを併用しての手術です。

24184418

34185418

さて、このCGF・・・一体どのようなものなんでしょうか?今回のOPEだけではなく、今週は火曜日に綱島医院でもCGFを用いたベニアグラフトOPEを行っています。

CGF(Concentrated Growth Factors)

通常、怪我をして血管が破れると、その血管の穴を埋めるために血液中の凝固因子が刺激されてフィブリンという物質が形成され、傷口をふさいで出血を止め傷の治りを促進します。CGFとは、このフィブリンを人工的に作製したもので、患者さんご本人からOPE時に血液を採血し、遠心分離機にかけて作製します。患者さんから採血した血液に、添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製できる完全自己血液由来のフィブリンゲルです。CGFは、損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を多く含んだ血小板がさらに濃縮されているもので、手術後の痛みの軽減したり、傷の治りを早くすることができます。また、血小板・成長因子が豊富に含まれた、完全自己血液由来のフィブリンゲルのため、骨の少ない所に使用すると、その再生が早くなります。

1418 これが、実際に昨日作製され使用したフィブリンゲルです。この中に、豊富な血小板・成長因子が含まれています。患者様にとっても、完全自己血液由来のものであるという安心感がありますよね。

5時間に及ぶ手術で無事に即時荷重し終了しました。様々な技術を取り入れ日々行われる手術ですが、全ては「患者様が望む以上を・・・患者様に喜んでいただきたい」という思いを込めて、全ての手術を行っています。

手術してから無事にファイナルに至るまでの経過の中では、患者様ご自身にも頑張って乗り越えていただかなければならない期間は必ず存在しますが、これまでに沢山の「先生に出会えて本当に良かった」「一度はあきらめたけど、相談して良かった」との声をいただく度に、それぞれの手術に込められた根本にある想いが伝わっていることを感じます。オーキッドスタッフは患者様と喜びを共有できる瞬間を大切に日々、患者様の声に耳を傾けています。

さて、今週末26日(日)には、綱島医院で理事長のライブオペが開催されます。ライブオペは、理事長の治療技術を実際に見て、習得したいという他院の先生方に手術を公開し技術指導するものです。技術のみならず、患者様との心のふれあいも共有していただける機会です。すでに、参加希望の先生方が集まっていますが、定員を越えて数名の受け入れ可能ですので、お急ぎ下さい。

不安定なお天気が続きますが、みなさま元気にお過ごし下さいね。

南大沢 歯医者 オーキッド歯科クリニック

日時:2015年04月19日11:17

●6本を47’で・・ノーベルガイドコンセプトとは●

04042 本日、本院にて、理事長執刀の上顎ガイデッドサージェリーによるノーベルアクティブインプラント6本の埋入オペがありました。

本日のオペタイムは、6本のインプラントを入れる開始から終了まで、なんと47分!!!
従来の方法で歯茎を切開し、術者の経験でインプラントを埋入していく方法であれば、どんなに熟練した医師でも二時間近くはかかるであろう。。。縫合だけでも、全顎にわたり、マイクロスコープ下行えば、30分近くはかかってしまう!
理事長が行う、ノーベルガイドコンセプトとは、インプラントを理想的な位置に入れる事が出来る最先端の技術です。従来のインプラントオペに比べ、術後の腫れや痛みは殆どなく、多くの場合、歯茎を切開せずに行う事が可能ですので、手術の時間を大幅に短縮する事が出来ます。
理事長は、数年前からインプラント治療の講師として全国で講演を行い、ライブオペという公開オペで多くの
歯科医師にこの素晴らしいインプラント治療を広めております。0404
「インプラント治療は大変素晴らしいい治療法。
一人でも多くの患者様を、インプラント治療で幸せにしたい。その為には、一人でも多くの歯科医師の先生に、しっかりとインプラント治療技術を教えていく事が大切だ」と常に理事長は熱く語っております。
次回のライブオペは、4月26日です。
前回は募集早々に定員オーバーになってしまいましたので、興味のある先生方は、お早めの申し込みをお勧めします!

南大沢 歯医者 オーキッド歯科クリニック

日時:2015年04月04日22:03

●3・11 あれから4年・・・●

今日は3月11日。あれから4年の月日が流れましたが、今ではあまり報道されない被災地の現状・・・・まだまだ本格的な復興に向けて頑張っている人がいることを忘れてはいけないと思います。Yahoo!の検索で「3・11」というキーワードを入れるだけで、10円が寄付されるそうですよ・・・ 何か一つでも出来ることで被災地の力になればいいですね。

南大沢3・11 2 さて、今日はオーキッド歯科クリニック南大沢医院で二件インプラントOPEがありましたので、その様子をお伝えします。午前中は、右側サイナスリフトと同時にインプラント二本埋入OPE。そして、午後は両側サイナスリフトとインプラント5本同時埋入のOPEでした。執刀は午前、午後とも勤務医の先生方です。

オーキッド歯科クリニックには理事長のインプラントの技術を学びたいと、自らも向上心を持ち入局してくる先生方が多いですが、そんな勤務医の先生方の熱意に応えるべく理事長も真剣に指導にあたっています。

先日は綱島医院で他院の先生方にライブオペを通し、理事長のインプラントの技術指導を行いました。オーキッドの勤務医の先生は、普段から理事長の指導のもと確実にステップアップし患者様にその技術を提供しています。こうして一人でも多くの患者様に喜んでいただけるのは、とても嬉しいことですね。

南大沢3・11

今日は朝から強い風が吹く一日でした。

被災地の方の悲しみが完全に癒えるまでにはまだまだ長い時間がかかると思いますが、どうか1歩ずつでも前に進んで欲しいと思います。「ほんの少しでも想いをもって送り続けることは意味がある」・・・ 一人ひとりの想いが被災地復興の力になりますように。

もうすぐ春ですね。週明けには少し気温も上がり温かくなるようですが、まだ少し寒い日が続きます。風邪、花粉症など季節の変わり目で体調を崩しやすくなりますので気をつけてお過ごし下さいね。

 

 

 

南大沢 歯医者 オーキッド歯科クリニック

日時:2015年03月11日22:27